Light Up ALL - サービスについて - 賃料

地代

多くの企業で販管費の上位科目である地代家賃ですが、社会情勢に応じて臨時に見直し協議することが法律上認められています。
これらについて専門的知識を有する担当者がサポートすることで、
決して退店をにおわすような危険な交渉を決してすることなく費用を削減することが可能です。
ただし、下げにくいタイプの家主、契約もありますので、事前にこれらについて確認の上進めていくことになります。

オフィス賃料

企業のオフィス賃料における賃貸借契約は2~3年です。
物件のオーナー様とお客様がWin-Winの関係性を保てるようサポートをさせていただきます。

店舗賃料

多くの企業で販管費の上位科目である店舗賃料。専門知識を有する担当者が、費用削減のコンサルティング、交渉のサポートを行います。
※下げにくいタイプの家主、契約もありますので、事前にこれらについて確認の上進めていきます。

借り上げ社宅

賃料そのものは下げられるケースが少ないものの、
これの運用にかかる振込手数料や物件調査コストなどを下げることができる方法があります。
また契約や解約の作業という部分についても低減可能な方法があります。

固定資産税

まれに固定資産税の評価額が適正値から上方にずれている場合があります。
このような場合、査定し直しを専門家の力を借りて実施し税務当局に申し入れすることで、
税額の低減と、納付済みの税の一部還付を受けられる場合があります。